RABBIのクッキングラボ

有益「裏」情報ブログ。料理・お菓子作りのレシピ、余すとこなく解説します。徹底的に。

【砂糖不使用】マンゴームースの作り方<簡単レシピ>

どうも、RABBIと申します。

今回はマンゴームースを作りました。

 

 

マンゴー、美味しいですよね。

 

好き嫌いわかれますが。

まあ私は好きです。

 

というわけで、マンゴー好きの方向けに作ってみました。

ムースを。

 

今回もよりよい味にすべく、色々と調整を重ねています

ですが、材料はいたってシンプル

 

マンゴーピューレを用意すれば、あとは身近なもので作れます。

それでいて中々美味なので、興味のある方はぜひご挑戦を。

 

それでは、いきます。

 

 

 

【分量(1人前)】

マンゴーピューレ 80g

牛乳 30cc

生クリーム 30cc

板ゼラチン 1.5g

 

 

 

1. 生クリーム30ccをボウルに入れ、冷蔵庫で冷やしておく。

 

<ポイント>

ボウルごと冷やしておけば、生クリームが泡立ちやすくなります

 

 

 

2. 板ゼラチン1.5gを水に浸し、ふやかしておく。

 

<ポイント>

夏など気温が高いときは、氷水に浸してください。

常温の水道水だと、ぬるさでゼラチンが溶けてしまう可能性があります

 

 

 

3. 鍋にマンゴーピューレ80gと牛乳30cc入れる。そして混ぜながら、弱火で沸騰直前まで加熱する。

 

<ポイント>

牛乳は入れた方がいいですね。

乳製品が生クリームだけだと、結構重たくなるので

 

また、牛乳を使うと甘味が出るので、砂糖を使う必要もありません

(甘いのが好きな方は、グラニュー糖を5gほど足した方がいいかも)

 

 

 

4. 火を止め、水気をとった2.のゼラチンを3.に加える。そして、溶かしながら混ぜる。

 

 

 

5. 1.の生クリームを、ややゆるめに泡立てる(七分立てくらい)。

 

<ポイント>

生クリームの代わりにメレンゲを入れてみたこともありますが、生理的にダメでした

生の卵白に抵抗があって…

 

なので次は、温めたシロップを使うイタリアンメレンゲにしてみました。

加熱してるので、大丈夫だろうと思って。

 

でも結局、気持ち悪い。

まあ、完全に気持ちの問題ですね。

 

プロの方だってムースにメレンゲ使うことありますし、店で出されたものなら、メレンゲが使われていても気にならないかもしれません。

 

 

 

6. 5.の生クリームに、4.を加えて混ぜる。

 

 

 

7. 6.を適当な容器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める(4時間ほど)。

 

 

 

まとめ

 

以上です。いかがでしたでしょうか。

 

材料も作り方も、本当にシンプルです。

マンゴーピューレだけ用意するのが面倒かもしれませんが…

 

でもそれでいて、マンゴーのナチュラルな風味がしっかり味わえます。

そして薄すぎず濃すぎず、バランスのとれた味わい

 

手軽に作れるので、マンゴー好きな方はぜひお試しを。

 

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

お疲れさまでした。

 

 

以上。

f:id:RABBI:20200706161835j:plain