RABBIのクッキングラボ

有益「裏」情報ブログ。料理・お菓子作りのレシピ、余すとこなく解説します。徹底的に。

【睡眠効能の真偽】ホットミルクの作り方<電子レンジで簡単レシピ(砂糖やや使用)>

どうも、RABBIと申します。

今回はホットミルクを作りました。

 

【ニコニコ動画】

 

ホットミルクは、牛乳を温めて作る飲み物。

非常にシンプルで、レシピもあまり個性は感じられません。

 

私のも、牛乳を温めてグラニュー糖を少し入れるだけ

作り方に関しては、特に大した解説はないです。

 

しかしそれでは物寂しい感じがしたので、今回はホットミルクの効能についても触れてみました。

 

ホットミルクは寝る前に飲むと睡眠に良い」なんてことをよく言いますよね。

しかし調べたところ、それは真でもあり偽でもあるのです。

 

本記事では、ネット上のものではありますが情報を色々集め、できるだけわかりやすくまとめてみました

 

ただ作るだけでなく、味わうだけでなく、その力を知るー

そうすれば、小さな料理でもやりがいをもてるのではないでしょうか。

 

それでは、いきます。

 

 

 

【分量(1人分)】

牛乳 200cc

グラニュー糖 小さじ1/2

 

 

 

1. マグカップに牛乳200ccを入れ、ラップをかける。そして電子レンジに入れ、600Wで1分30秒温める。

 

<ポイント>

600W・1分30秒で、ほどよい温かさになると思います。

ただし電子レンジによって、また飲む人によって、適温は変わることも

 

ぬるいと思ったら、適宜温め直してください。

その際は、温めすぎにご注意を

 

沸騰するほど温めてしまうと、表面に牛乳の膜ができます。

これは「カゼイン」と呼ばれる、牛乳のタンパク質

 

つまり膜は、牛乳の栄養や旨味が逃げ出てしまっているということ。

なので温める時間を増やす場合は、少しずつ様子を見るようにするとよいでしょう。

 

ちなみに、電子レンジには牛乳を温める用のボタンがあることも

その場合は、もちろんそちらを使っても大丈夫です。

 

 

 

2. 1.にグラニュー糖小さじ1/2を入れ、溶かしながら混ぜる。

 

<ポイント>

➀グラニュー糖をほんの少し入れた方が、ほのかな甘みが出て美味しいです。

でも糖分を気にされる方は、なくてももちろんOK

 

ちなみに小さじ1杯入れると、ややしっかりした甘さになります。

だからといって、甘ったるくなるわけではないのでご安心を。

 

個人的には1/2杯でちょうどいいのですが、甘いのが好きな方は小さじ1杯の方が良いかもしれません。

 

②グラニュー糖の代わりにはちみつを使ってみたこともありますが、風味自体は大して変わりませんでした

せいぜい小さじ1/2杯ですから…

 

 

 

「ホットミルクは睡眠に利く」は本当か?

 

ここでホットミルクの効能、中でも睡眠への影響について少し語ります。

ホットミルクは、飲めば「眠りやすくなる」とよく言われますよね。

 

しかしどうやら、それは半分正解で半分間違いのようです。

 

確かに牛乳には、睡眠を促進する効果・睡眠の質を高める効果がある模様。

それは、

 

牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれており、

→このトリプトファンを材料に、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが生成され、

→このセロトニンが夜になると、睡眠に利く「メラトニン」というホルモンに変わる

 

から。

 

そのメカニズムは事実で間違いないようですが、問題はトリプトファンの濃度

実は、昼に搾乳された牛乳は夜に搾乳された牛乳よりも、トリプトファンの濃度が低いらしいのです。

 

つまり昼の牛乳はメラトニンの元となるトリプトファンが少なく、睡眠にはさほど利かないということ。

 

実際、昼の牛乳は夜のものよりもトリプトファンの濃度が25%多く、メラトニンの濃度は9.8倍もあったそうです。

 

↓引用元:

president.jp

 

しかしスーパーで陳列されている牛乳パックからは、夜にとれたものかどうかはわかりません。

 

なので引用サイトでも触れられていたように、完全に運、ですね。

期待しない方が良いでしょう。

 

また、仮に昼の牛乳だったとしても、飲むタイミングが重要

寝る前に飲んでも、睡眠には影響しないそうです。

 

というのも、トリプトファンがメラトニンに変わるまで、15時間ほどかかるから。

 

↓引用元:

www.ntv.co.jp

 

つまり寝る15時間前、一般的には朝に飲まないと意味がないということ。

寝る直前に飲むと胃に負担がかかり、むしろ睡眠を妨げる要因となることも。

 

ただしこれらのことは、あくまでも牛乳と睡眠の関係性

 

温かい飲み物自体は基本的に、睡眠促進の効果があります。

飲むと体温が上昇するわけですが、そこから体温が下がるときに眠気というものは訪れるので。

(ただしコーヒーなど、むしろ悪影響な飲み物もあります)

 

なので「牛乳だから」いうよりは、温かいから」睡眠には良いと言えるでしょう。

 

また、ホットミルクは他にも美容効果、疲労回復、便秘対策、ダイエット効果などもあるようです。

これも本当かどうかわかりませんが。

 

決して、飲んでまったく意味のないものではありません。

なので細かいことは、結局気にしない方がいいかも。

 

 

 

まとめ

 

以上です。いかがでしたでしょうか。

 

効能については諸説ありますが、何より寒い時期に飲むホットミルクは格別。

素朴ながらも心温まる味わいを、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

 

以上。

f:id:RABBI:20210502213552j:plain