RABBIのクッキングラボ

有益「裏」情報ブログ。料理・お菓子作りのレシピ、余すとこなく解説します。徹底的に。

【ホワイトソースで】絶品マカロニグラタンの作り方<オーブンなしの簡単レシピ(トースター使用)>

どうも、RABBIと申します。

今回はグラタンを作りました。

 

【ニコニコ動画】

 

【YouTube】

youtu.be

 

グラタンとは具材をホワイトソースであえ、表面にチーズをかけて焼き上げた料理。

洋食の定番メニューの1つで、老若男女問わず親しまれていると言ってもよいでしょう。

 

そんなグラタンもバリエーションが色々あるかとは思いますが、本レシピで紹介するのはごくスタンダードなもの

 

鶏肉・たまねぎ・ペンネを使った、非常にシンプルなグラタンです。

そこにかけるのは、調整を重ねて作り上げた、優しくまろやかなホワイトソース

 

と言っても、作るのは難しくありません。

面倒なだけです。

 

材料さえ用意すれば、どなたでも作れるはずです。

絶品グラタンが。

 

美味しく作るポイントも一つ一つ解説しているので、興味をもたれた方はぜひ挑戦してみてください。

 

それでは、いきます。

 

 

 

【分量(1人分)】

<ホワイトソース>

バター(有塩) 25g

薄力粉 20g

牛乳 250cc

ウェイパー(コンソメでも可) 2.5g

塩 少々

ホワイトペッパー 適量

 

<具>

オリーブオイル 小さじ2

たまねぎ 1/4個

鶏もも肉 40g

塩こしょう 適量

白ワイン 大さじ2

水 小さじ2

 

<パスタ>

ペンネ 30g

水 500cc

塩 小さじ1/2

 

<トッピング>

ミックスチーズ 30g

 

 

 

1. まずはホワイトソースから。バター25gを鍋に入れ、弱火で溶かす。

 

<ポイント>

バターを溶かす際、火は最弱で。

沸騰させてしまうと、香りが飛んでしまいます

 

あくまで、溶かすだけ。

 

 

 

2. 火を止め、1.に薄力粉20gをふるって加える。そして、ゴムベラで練り混ぜる。

 

<ポイント>

➀薄力粉は必ずふるってください

ダマになるのを、少しでも防ぐために。

 

②薄力粉の量は、バターより少し少なめにしています。

最初は同量(25g)で試したのですが、とろみが結構濃くなりました

 

もう少し軽さと滑らかさを出したかったので、5g減らして20gに。

ただしバターの風味は残したいので、バターは減らしていません

 

ちなみに薄力粉5gを粉チーズに置き換えてみたこともあります。

そうすればとろみを抑えつつ風味を上げられると思ったのですが…

 

逆に前よりももったりした感じになったので、やめました。

味も食べ終わりになるにつれ、くどくなりましたし

 

 

 

3. 2.に牛乳250ccを少しずつ加え、混ぜる。

 

<ポイント>

➀牛乳を加えるときは、少しずつ

そして、ゴムベラでルーをつぶすように混ぜてください。

 

そうすれば、ダマになることはほぼありません。

ある程度混ざってサラサラになったら、あとは一気に入れて大丈夫です。

 

②牛乳はあらかじめ、室温に戻しておくとよいです。

冷たいまま入れると混ざりにくく、ダマになりやすいので。

 

 

 

4. 3.にウェイパー2.5g、塩少々、ホワイトペッパー適量を加える。そして再び弱火にかけ、とろみがつくまで混ぜながら加熱する。

 

<ポイント>

➀ウェイパーを入れるのは、旨味を少し深めるため

ただし、入れすぎるのはNG

 

ホワイトソースは基本、鶏肉や魚介類などと絡めることが多いです。

そこで具材の旨味が加わるので、ウェイパーは少量に留めておくのが良し

 

もし旨味となるような具材と合わせない場合は、好みに応じて増やしてみてください。

ちなみにウェイパーの代用として、コンソメを使ってももちろんOK

 

②塩は必ず入れてください

ないと物足りない感じになります。

 

また、ホワイトソースは牛乳で甘味が際立ちがち

ですが塩を入れることで、甘味と塩味のメリハリがつきます。

 

これが美味しさに繋がるので、塩は必須の調味料。

 

③ホワイトペッパーを入れるのは、パンチを出すため

こちらもぜひ使っていただきたい調味料です。

 

 

 

5. 火を止め、蓋をせずに放置しておく。

 

<ポイント>

蓋をしないのは、水滴が入らないようにするため

加熱してすぐに蓋をすると、水滴がソースに入ってしまいます。

 

そうなるとソースの濃度が多少なりとも変わってしまうので、一応ご注意を。

大して影響はないと思いますが…

 

 

 

6. 次は具。たまねぎ1/4個を、薄切りにする。

 

<ポイント>

たまねぎは、みじん切りよりも薄切りの方が良いかと。

食感・風味をより感じられるので。

 

あと、薄切りの方が焦げにくいという利点もあります。

 

 

 

7. 鶏もも肉40gを、小さめの一口大に切る。

 

 

 

8. フライパンにオリーブオイルを小さじ2入れ、弱火にかける。そして6.のたまねぎを加え、薄い飴色になるまでかき混ぜながら炒める。

 

<ポイント>

ここでのオリーブオイルの量は、小さめのフライパンを使うことを前提としたものです。

 

大きめのフライパンで2人分以上の量を作る場合は、もう少しオリーブオイルの量を増やした方が良いかもしれません。

 

 

 

9. 7.の鶏もも肉に塩こしょうを適量かけ、全体になじむよう手で揉み込む。そして8.に加え、炒める。

 

<ポイント>

➀塩こしょうは、必ずかけてください

下味が付いていないと、やや物足りない感じになってしまいます。

 

②塩こしょうは、できれば焼く直前にかけてください。

かけてから時間が経つと、肉汁、つまり旨味が流出してしまいます

 

これに関して、詳しく解説されているサイトがありました:

www.jmi.or.jp

 

③鶏もも肉は、たまねぎをある程度炒めた後に加えてください。

たまねぎは飴色になるまで、時間がかかるので。

 

 

 

10. たまねぎが飴色になり、鶏もも肉がこんがりしてきたら、白ワイン大さじ2を9.に加える。そして水分がなくなるまで、煮詰める。

 

<ポイント>

白ワインを加えると、風味が上がります

ほのかに甘い香りが出るので。

 

 

 

11. 火を止め、10.の具を5.のホワイトソースに入れておく。

 

<ポイント>

 具を漬け込んでおくことで、旨味がしっかりソースに移ります

 

 

 

12. 具を炒めた後のフライパンに、水を小さじ2入れる。そして軽くゆすって、11.に加えておく。

 

<ポイント>

フライパンに残った具材の旨味を、余すところなく利用します。

 

 

 

13. 次はパスタ。水500ccを鍋に入れ、中火にかける。

 

 

 

14. 沸騰したら、12.に塩を小さじ1/2入れる。そしてペンネ30gを加え、12~13分ゆでる。

 

<ポイント>

ゆで時間は、あくまでも目安です。

箸でつかみ、まだ硬そうであれば適宜ゆで時間を増やしてください

 

ちなみに動画では鍋でなく、ニトリの調理容器(パスタ用)を使っています。

電子レンジで茹でられるのが特徴。

 

メリットは火に気を付ける必要がないのと、鍋より洗うのが少し楽な点でしょう。

これを使った場合のゆで時間は、18分です。

 

 

 

15. ゆで上がったら水気を切り、14.のペンネを耐熱皿に敷き詰める。

 

<ポイント>

ペンネはゆでるのに少し時間がかかるので、あらかじめゆでておくのも手でしょう。

 

ただしその際は、オリーブオイルを適量かけ、全体になじませておいてください

乾燥を防ぎ、ペンネ同士がくっつかないようにするためです。

 

 

 

16. 15.の上に、12.のホワイトソースと具をかける。そしてゴムベラで、表面を平らに整える。

 

 

 

17. 16.の上に、ミックスチーズ30gをまんべんなくかける。そしてオーブントースターに入れ、約8分焼いて完成。

 

 <ポイント>

焼き時間は、予熱なしで約8分です。

これもあくまで目安ですので、適宜調整してください。

 

 

 

まとめ

 

以上です。いかがでしたでしょうか。

 

このグラタン、我ながら大変美味だと思っております。

絶妙なバランスで仕上がっているので。

 

ホワイトソースの、豊かなバターの風味に滑らかな舌触り、

鶏肉とたまねぎの、自然ながらも奥深い旨味、

そしてこんがり焼き上がった、チーズのまろやかなコクー

 

一見重そうですが、くどさは残りません

しっかりとした、けれど優しい味わいだと思います。

 

工程は多いので大変かもしれませんが、気になった方はぜひお試しを。

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

 

お疲れさまでした。

 

 

以上。

f:id:RABBI:20210626225737j:plain