RABBIのクッキングラボ

有益「裏」情報ブログ。料理・お菓子作りのレシピ、余すとこなく解説します。徹底的に。

【夏バテに…?】キウイヨーグルトシェイクの作り方<レシピ>

どうも、RABBIと申します。

今回はキウイヨーグルトシェイクを作りました。

 

 

 

 

以前いちごヨーグルトスムージー(https://www.rabbi-info.com/entry/2020/06/08/212340)を作ったのですが、今回はキウイです。

 

他のフルーツでもやってみようかと。

 

まあバラしたキウイは何かドロドロしているので、「スムージー」ではなく「シェイク」という風にしましたがね。

 

ちなみにキウイはヨーグルトと相性がいいらしいです。

一緒に食べることで、腸内環境がかなり整うんだとか。

 

あとキウイには、肌荒れやむくみに効く効果もあるみたいです。

 

さらに、熱中症予防に必要な糖分、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミン、クエン酸もござれ。

夏バテにもいいでしょうね。

 

体によくて美味しくて、そんなものが手軽に作れるー

 

 

オススメです。

ご興味があれば、ぜひお試しを。

 

それでは、いきます。

 

 

 

【分量】

キウイ 120g

ヨーグルト 60g

バニラアイス 50g

メープルシロップ 10g

レモン汁 5cc

 

 

 

1. キウイを軽く水洗いし、皮をむく。そして適当なサイズに切り、冷凍しておく。

 

<ポイント>

冷凍すると、長く保存できるようになります。

好きな時に、好きな量だけ使うことが可能。

 

また、冷凍すれば出来立てでも冷たいものが味わえます

氷を入れる必要もありません

 

ちなみに、味は何も変わらない気がします

あくまで私の感じ方ですが。

 

冷凍した際の味や栄養については、意見が色々あるみたいです:

 

[メリット]

・野菜や果物のビタミンCは、冷凍した方が生のものより比較的高くなる

(引用元:https://melos.media/wellness/2242/

 

・鮮度と栄養が失われていくスピードが緩やかになる

(引用元:https://shunkashutou.com/market/column/ichigo/#12

↑逆に言えば、冷凍しても少しは鮮度と栄養が失われるということですね…

 

[デメリット]

・冷凍後、解凍する際に水分が出てしまい、味・食感共に落ちる

(引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12118036062

↑Yahoo!知恵袋ですが、パティシエの方がご回答。

ということは、解凍せずに混ぜるのであれば、大丈夫でしょうか。

 

 

 

2. 1.のキウイ120g、ヨーグルト60g、バニラアイス50g、メープルシロップ10cc、レモン汁5ccをミキサーに入れる。そして、なめらかになるまで撹拌する。

 

<ポイント>

➀メープルシロップは、ヨーグルトと混ぜてからミキサーに入れると良いです。

 

シロップ単体でミサキーに入れると、ミキサーの底にたまりがち

そうなると底にたまったメープルシロップだけ、撹拌しても混ざり切らない恐れがあります

 

②ミキサーによっては、途中でつまるように撹拌が止まってしまうかもしれません。

キウイは、バラすとドロドロするので。

 

そうなった場合は、ミキサーのON・OFFを小刻みに繰り返すと混ざりやすくなるかと思います。

詳しくは、動画をご覧ください。

 

③混ざったら、できるだけすぐに食べてください

時間が経つと、苦味が出ます。

 

これはキウイのアクチニジンという酵素が、ヨーグルトのカゼインというタンパク質を分解してしまうためなんだとか。

 

 

 

まとめ

 

以上です。いかがでしたでしょうか。

 

キウイの甘味と、適度な酸味・苦味。

そしてヨーグルトのまろやかさ。

 

とてもスッキリとした旨味が、口の中に広がります。

体が疲れているときは、特にオススメですね。

 

夏ならなおさら、生き返るような爽快感を味わえるでしょう

 

簡単に作れるので、「ちょっとしんどいなあ」と思った時こそ、ぜひお試しを。

 

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

お疲れさまでした。

 

 

あ、最後にオススメアイテムを1つ紹介しておきます。

この動画で使った入れ物です。

 

グラスなのかコップなのかカップなのかわかりませんが。

 

<入れ物(250ml×4)>

[Amazon]

 

 

以上。

f:id:RABBI:20200616134151j:plain