RABBIのクッキングラボ

有益「裏」情報ブログ。料理・お菓子作りのレシピ、余すとこなく解説します。徹底的に。

【生クリームなし】そら豆のポタージュの作り方<簡単レシピ(ミキサー使用)>

どうも、RABBIと申します。

今回はそら豆のポタージュを作りました。

 

 【ニコニコ動画】

 

 【YouTube】

youtu.be

 

ポタージュとは、とろみのついたスープのことを指します。

 

ただしこれは、日本における解釈

フランスでは汁物全般を指し、イギリスでは内容的にスープとの区別はありません

 

そして素材として使われるものは様々ですが、今回はそら豆

生クリームを使わず、極力自然な旨味を味わえるように調整しました。

 

お手軽に作れる絶品ものですので、興味のある方はぜひお試しを。

それでは、いきます。

 

 

 

【分量(1人分)】

そら豆 70g

お湯 100cc

ウェイパー 2.5g

牛乳 25cc

白ワイン 小さじ1

 

 

 

1. お湯を100cc用意する。そこへウェイパー2.5gを入れ、混ぜながら溶かす。

 

<ポイント>

➀ウェイパーは、ポタージュの味付けにピッタリの旨味調味料

(溶かせば)あっさりした味わいで物足りなさを解消しつつも、野菜の自然な風味を阻害しません

 

ウェイパーがなければ、コンソメスープやブイヨンなどでももちろんOK

量は同じく100ccで。

 

②ポタージュにはよく生クリームや牛乳が使われますが、私は極力使いません

多かれ少なかれ、野菜本来の味が邪魔されるので

 

入れてもそれはそれで美味しいのですが、できるだけ素材の味を活かしたいのです。

 

また、生クリームは特に使わない方がよいと思います。

入れて加熱すると、とろみがつきすぎてドロドロになるので。

 

ポタージュのとろみは、野菜そのものでつけた方がよし。

自然な旨味が出ます。

 

ただし今回は、牛乳を少量使用

そら豆の風味はやや独特(苦い?)で、甘味とまろやかさを加えた方が口にしやすくなるため。

 

 

 

2. ミキサーに1.、牛乳25cc、そら豆70g、白ワイン小さじ1を入れ、滑らかになるまでよく撹拌する。

 

<ポイント>

➀中途半端な値ですが、水分量はそら豆70gに対して125cc(お湯100cc + 牛乳25cc)がベスト

 

これ以上水分量を増やすとサラサラになってしまい、逆に減らすとドロドロになってしまいます

 

濃度だけでなく味に関しても、これくらいの割合がちょうどよいかと。

 

それからお湯と牛乳の比率も、100ccと25ccで落ち着きました

最低限の甘味とまろやかさを出し、かつそら豆の風味を阻害しないギリギリの割合です。

 

また、これ以上牛乳の割合を大きくすると、搾りかすが結構残ることに。

なぜかはわかりませんが、とにかくこしにくいので、やはり25ccに留めておきましょう。

 

②白ワインを入れるのは、香り付けというよりは臭み消しのため

 

旬の枝豆なら大丈夫でしょうが、冷凍の枝豆だと若干臭みがあることも

もちろん、ものにもよりますが

 

なので、基本どんな枝豆でも美味しくなるように白ワインを使用。

 

臭みのない枝豆でも、白ワインを使うと香りが少しよくなると思います。

いずれにしてもオススメ。

 

撹拌はしっかり行ってください。

不十分だと粒のように残ってしまい、後でこせなくなります

 

 

 

3. 2.をこして、小鍋に移す。

 

 

 

4. 3.を弱火にかけ、ホワイトペッパーを適量加える。そして沸騰し、軽くとろみがつくまで加熱する。

 

 

 

まとめ

 

以上です。いかがでしたでしょうか。

 

このポタージュ、そら豆の旨味がぎゅっと凝縮されたようで大変美味です。

生クリームは使っていないので、変なくどさもありません

 

素材から滲み出る、素朴ながらも実に奥深い味わい。

 

そら豆を存分に堪能したい方、ぜひご挑戦を。

ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

 

お疲れ様でした。

 

 

以上。

f:id:RABBI:20210605223143j:plain